「人生は遊びである」をモットーに生きる2児の父の趣味や、子育て、日々生きる工夫についての記録。

Asobi Note

子育て

子どものいじめ問題に親はどう対処するべきか

投稿日:

アドセンス広告

みなさんのお子さんはいじめにあっていませんか?自分の子供が「いじめられた」と親に話せるような関係をつくれていますか?

今回我が家が体験したいじめ騒動は、担任の教師が仲介役になり嫌がらせをしてくる相手から息子に謝罪させることで一件落着ということになりました。息子も相手の謝罪を受け入れ席替えなどの処置をせずに、「相手の謝罪を信じる」と伝えたそうです。

いじめ問題は一旦解決した事になりましたが今回の出来事により、いじめ問題が起こった時、親として正しい行動は何なのか、一番良い対処は何なのか改めて考えさせられることになりました。

まず大切なのは、いじめについて相談できるかどうか、親が子供の変化に気づけるかどうか

先日妻から息子が小学校で同じクラスの子に物を隠されたり、毎日「死ね」と毎日言われたり、給食でも食事をいれてもらえない、筆箱などの持ち物を隠すなどの嫌がらせを受けていると相談されました。

妻は学校から帰って来た息子の様子をみて何か問題を抱えているとすぐに気づきました。何があったか話をしてくれたら助けられるからまず話をして欲しいと伝え、今回の騒動を知ったそうです。

家族の関係によっては、いじめの事実を子どもひとりで抱えてどうしようもなくなってしまうケースもあります。我が家の場合は親子でちゃんと相談し合える関係が築けていたのでその点は安心しました。

加害者は同じクラスの男の子ひとり

何かのきっかけがあって相手の嫌がらせが始まったのか聞いたところ、とくに前触れも無く嫌がらせが始まったそうです。自分の息子は学級委員に立候補したりどんどん前に出てチャレンジしていくタイプのため気に食わなかったのでしょうか。とにかく何かにつけイチャモンと嫌がらせをしてきたそうです。

後に聞いた話ですが、嫌がらせをしていた子も過去にいじめられた事があるそうで、自分がやられたいやな事を他の誰かにしてやろうと思っていたようです。

身体的な暴力はなく言葉などの陰湿な嫌がらせ

はじめに妻からいじめの相談を受けた際は「やり返してぶっ倒してやればいいじゃん」と言ったのですが、どうやら身体的暴力は全くなく言葉、ものを隠すなどの間接的な嫌がらせをされていたようです。

自分の息子は小学校に入学後何年も空手を続けており、試合の経験も豊富で身体も身長も学年で一番くらいに大きいです。そのため素人の小学生の同級生のケンカ程度なら簡単にいなせてしまいます。

息子本人も嫌がらせに対して暴力をふるったら負けとわかっているので、嫌がらせを一方的に手を出さずに耐えるのは結構大変だったでしょう。

いじめ問題が起きたとき親が取るべき選択肢

いじめ問題が起こったとき、親はどのような選択をするべきでしょうか。正直どれが正しいの迷いました。(というか正しい答えなどないのかもしれませんが、)身近な人から出た意見も加えて対処方法をいくつかあげてみました。

  • 担任の先生に報告し一緒に解決する
  • 証拠を掴むために映像・音声の記録を取る
  • 担任や学校を飛び越して警察に相談する
  • ものを隠す嫌がらせに対して負けずにこちらもものを隠してどちらかが降参するまで続ける
  • 直接学校に乗り込んで加害者を懲らしめる

担任の先生に報告し一緒に解決する

今回の騒動ではこの選択肢を選びましたが、ほとんどの場合この選択肢が選ばれるのではないでしょうか。学校の先生も大変ですね。ただでさえ忙しい職業なのに、子供同士のいじめ問題まで解決しなければいけないなんて。

僕自身は、担任にいじめ問題の報告だけして、他の選択肢を選ぼうと思っていました。しかし妻と息子から猛反対されました(笑)

証拠を掴むために映像・音声の記録を取る

以前からいじめ、暴力などかあったらまず証拠を掴まなければいけないので、腕時計、メガネなどで撮影できる機器を揃えて証拠を掴んだ上で徹底的に戦おうと考えていました。

妻にはこの選択肢はよくないよと言われましたが、理由がいまいちよくわかりません(笑)

ペン型の隠しカメラも結構売っています(笑)

担任や学校を飛び越して教育委員会や警察に相談する

自分の家族にとってはとても重要な問題でも、どこまでいっても学校や担任は他人事だと思っています。

いじめ問題の状況が収まらず悪化するようであれば、証拠を掴んだ上で学校を飛び越えてアクションしようと考えていました。

ものを隠す嫌がらせに対して負けずにこちらもものを隠してどちらかが降参するまで続ける

相手の嫌がらせに対して暴力で対抗せずに戦うとしたら、言葉に対して言葉で対抗して、ものを隠されたらものを隠し返すという対処を提案してもらいました。手を出さずに戦うとしたらこの対処法になるでしょうか。
「いじめ」と思わずにそれくらいの軽さで対抗して、相手と仲良くなるという方法も手ですよね。しかし毎日同じレベルで戦うのは疲れそうです(笑)

直接学校に乗り込んで加害者を懲らしめる

いじめ問題を先生に相談して、相手の男の子とその親に連絡が入った週の週末に授業参観の予定がありました。

その時点で僕の選択肢は直接嫌がらせをしてくる相手の机の前で、相手の親もにらみつつ思いっきり大きい声で叱ってやろうと決めていました。または、サングラスしてヤクザみたいなスーツを着てずっと相手の子の机のそばで立っているのも面白いなどと妄想していました。

「息子がクラスで浮いちゃうからやめて」と妻には止められました。残念ながら授業参観当日は、いじめ問題の相手が風邪を引いて欠席してしまい実現できませんでした。

しかし相手には人に嫌がらせやいじめをするならそれ相応の代償を負う覚悟がなければいけないという事を教えてやろうと思っていました。

学校と家以外のコミュニティに所属する事の大切さ

ほとんどの子供が小学校と家を往復する生活を送り、非常に狭いコミュニティの中で生きています。生活の大部分を学校と家庭で過ごしているため、小学校でいじめ問題が起こった場合に逃げ場がありません。

子供だけでは環境を選ぶ事もできず、ある意味大人よりも過酷な環境に身を置いているとも言えます。

いじめについての以前、元大リーガーの松井選手のコメントを読んだ事があります。今回の騒動後、松井選手のコメントの事が思い出されて改めて読み返してみました。

松井選手は学校以外の野球というコミュニティの中で夢を見つけてその目標に向かっていたため、学校でのいじめについてあまり追い詰められる事なくすごす事ができたそうです。

学校やクラスにいても楽しくない。仲間にうまく入れない。それなら、それで、別にいいんじゃないかな。
だれかがつくった世界に君が入らなければいけない、ということはないんだよ。

 それより、君には、居心地のいい場所で、自分の好きなことに夢中になってほしい。
何かに没頭(ぼっとう)することによって、いやなことが気にならなくなることって、あると思うんだ。逃げるんじゃない。
自分から好きな世界を選ぶんだ。その中で同じ夢を持った友だちに出会うこともあるだろう。新しい仲間ができるかもしれない。

ぼくは小さいころ、体が大きいだけでなく、太っていた。それを悪く言う友だちがいたかもしれない。
ぼくはまったく気にならないタイプだからコンプレックスを感じることもなく、ただ大好きな野球に没頭していた。
そのうちに、自然と体も絞(しぼ)れてきた。もちろんいい仲間とも、たくさんめぐり合うことができた。

タイトル:立ち向かわなくてもいい 大リーガー・松井秀喜さんの記事より引用

人生を切り開くのは子供達自身がすべき事ですし、正直いじめや嫌な人間との関わり合いは大人になっても社会に出てからもずっと続きますよね。戦うべき時もあるでしょうし、さっさと逃げた方が得策な時もあるでしょう。

しかし親としては子供を守れるうちは守ってやりたいと思います。

またいじめ問題が起こってからの対処ではなく、子供達が学校以外で楽しく集まれるコミュニティとの繋がりをたくさん持ち、自分に自信が持てる事・夢中になれる場を作るサポートをしてあげられるといいですね。

asobinote_記事下広告

asobinote_記事下広告

-子育て
-

Copyright© Asobi Note , 2022 All Rights Reserved.